住所 〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1丁目11−15
お問い合わせ 03-3302-1751

世田谷区│芦花公園│内科│経鼻内視鏡│花粉症│健康診断│天下堂医院

経鼻内視鏡検査

天下堂医院 facebook
EPARK ネット受付 24時間受付中

雨宮明文 著
消化器医のための
経鼻内視鏡検査

Amazon >>

ドクターズファイル 天下堂歯科医院
HOME»  経鼻内視鏡検査

経鼻的胃内視鏡検査法

経鼻的胃内視鏡検査法をご存じですか?
経鼻内視鏡検査とは、鼻から胃カメラを挿入する検査法のことを言います。
従来の内視鏡と比べると、約半分の細さの直径5.9mmの最新型極細スコープを用い、とても楽に検査を受ける事ができます。
従来なら口から入れるカメラを、鼻から挿入する事によりスコープが舌根部に触れず、嘔吐反射(ゲェーッ・オェーッ)が起こらなくなりました。

実際、95%の方が、今後も経鼻内視鏡検査を希望するほど楽な検査になりました。
しかも、検査中でも会話ができるので、検査中に疑問に思ったことはどんどん質問ができるようになりました。そのため、安心感も安全性も高くなりました。
少ない麻酔で済むので、鼻も痛くなく、検査後の仕事や日常生活に支障をきたす事が少なくなりました。

こんな時はすぐに検査を!

内視鏡をうけるべきか、お悩みではありませんか?

「最近どうも調子が悪い…だけど検査に行くべきかどうか判断がつかない…」
とわからなくて困ることはありませんか?
そんな方の為にいくつかチェック項目を用意いたしました。
ぜひチェックをしてみて下さい。

一つでも当てはまる場合は検査をお勧めします

時々、胸やけ、胃もたれ、ゲップをすることがある。

みぞおちが痛くなることがある。

便の色が黒っぽい。

胃に、なんとも言えない違和感を感じる。

以前、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を経験した。

家族で胃がんの人がいる。

健康診断で、ピロリ菌やペプシノーゲンテストが陽性だったことがある。

バリウム検査で、異常を指摘されたことがある。

内視鏡検査のメリット

ガンの早期発見・健康の維持を目指して

最近の厚生労働省のがんに関する調査に於いても、がんの死亡者の半数以上が消化器系の癌と報告されています。
そんな中で日本人は欧米人に比べて、胃炎や胃がんの多い国民と言われています。

また、日本人に多い「高度な慢性胃炎」は、胃癌との深い関わりがあることも示唆されています。
年齢と共に胃癌の発生率が高まりますので、40歳以上の方(特にご家族や近親者の方が癌になられた人がいらっしゃる場合は)積極的に胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けることをお勧めいたします。

症状が何も無くても、早期胃癌のある場合も多く認められるのが現状です。
早期胃癌の状態で発見できれば手術による治癒率は90%を超えています。

また、早期胃癌の場合、その進行度によっては、内視鏡技術の進歩により、「内視鏡で胃癌を取り除くことができる」場合も多くなってきました。

その為には、やはり「胃癌の早期発見」を行うしかないのです。
また当院では、ピロリ菌検査、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の検査も可能です。
ご自分の健康を守るため、1年に1回は、内視鏡での胃のチェックをお勧めします。

PAGE TOP